FC2ブログ

純愛奇跡

~ネットで拾ったH画像達~個人的に楽しむ究極ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一発やりたい

iti_064an.gif

勤務中の休憩時間午前10時と午後の3時に若い女性が一発休憩なんてあれば笑っちゃうね

最近は女が恋しくて、しかも若くなければならない

40歳以上の女性は抱き飽きました

なにかと注文が多いもんね

二十歳近い女を抱いてみたいよ

私には娘が居なくて男3人の子宝なんです

あ~娘でも居れば抱けなくても若いピチピチマンコを眺められるでしょう

iti_119i_02.jpg


上手く手懐けたら父さん大好きなんて言って両足をおっ広げてくれるかも知れない

強姦じゃなくて自然なら犯罪にならないんだよね

どうせ行く先には男性にズッコンバッコン掘られるんだから

性教育するのも親の勤めなんだ

妊娠だけは絶対やっちゃ駄目
悪い未来へ導くことになるから

でも娘居ないから夢で終わりだね

iti_082an.gif
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
  1. 2012/02/25(土) 10:25:16|
  2. 個人授業

社会窓から?

路上に立ってると橋下で車内休憩していた男が、ドワを開いて降りて立ちションを始めました

それがわざと私に見せる態勢でやるんです
しかも大柄な体格の持ち主で、女性ならウットリする美男子
そのズボンからの社会の窓?に出ていたのは小指ほどのチン
そのチン先から尿がピッ、ピッ、と出ててオシマイ

iti_103an.gif


犬じゃないんだからもっと尿を飛ばせよ

あれで女房は満足してるんだろうか?

疑っちゃいますよな?

膨張しても2~3倍だろう
親指程度だよなあ~
まあ~カチンコ硬ければ女性は満足しますからね

大きくて長くてもフニャチンなら駄目でしょう

iti_268ani.gif
  1. 2012/02/24(金) 16:22:18|
  2. 個人授業

エロスじゃない

dfr_20120324021605.jpg


お婆車を着いて歩いて近寄ってくるお婆さん

年老婆さんなのにニコニコ顔の私の好きなタイプ

若ければ即アタックに乗り出すんだけど、もうヨボヨボ婆さん

立ち話を済ませて5メートルほど離れた道沿いで急に下半身丸出ししゃがみ込んで尿飛ばし

慌てた私は他の人に見られたら婆さんがつらいやろう思い、皆に見えないように立ち塞ぐ

でも私には丸見えなんだよな
真っ白毛の中のシワだらけの黒マンコから尿が飛びたしていた

3960_90_eafv.jpg


80歳余りの婆さんマンコでも直にみるとチンコ硬まります

尿を出し終わるとポッケットから取り出したティッシュでマンコ拭き、そのティッシュはその場へ捨てて、即に元の姿になった

そしてお婆車のカバンからお菓子を取り出して私にと差し出して、お婆車をついて歩きだした


お礼はしたものの、なぜかお菓子を食べる気にならない

尿を拭いた手で差し出したお菓子を食べれません

優しいお婆さんでしたが、汚いマンコを見てしまった、完全に空びていますね

rt.jpg


シワだらけのマンコから尿が飛び出す瞬間、パックリ開くんだもの、つい覗き込んで見てしまいました
ビンク色していましたよ
  1. 2012/02/24(金) 13:29:07|
  2. 個人授業

変身肌の人妻

2年ほど前この十和の山奥谷へ来た時、偶然の成り行きで愛仲になった娘がいる

その後、風の便りで幼なじみの彼と結婚したと聞いたんだけど

頭の隅に焼き付いた娘の肌が忘れられない
再び娘の土地へ来日することにした
表向きはこの土地しかいない珍しい虫の撮影

でも本音は、あの二十歳前の素肌に未練があった

もう他の男のモノになってるんだから抱き逢えるハズもないんだけど


その娘と初出会った場所に辿り着いた

あの頃は、偶然の重なりでモロにパックリ貝を抱き混んで喰うた


ナセが2時間もその場所に居座っていた

真っ赤な軽自動車が近づいてくる
しかも低速走行してるのか中々、私の座ってる場所まで来ない

そして近づいて目が合った

あの時の娘だ

「あら、オジサンお久しぶり~ここで何してるの?」

「いや、別に何もしてないよ~可愛い娘と前に出会ったんだ、忘れられなくてね?」

「あら~、イヤだ~恥ずかしい、オジサン、私を抱きたいんでしょう」

「うん?」

娘は今は人妻なので少し気分が高まった

彼女の支持通りに助手席に乗り込み、行き先は彼女に任せた、畑の中にある少し大きい倉庫の中へ車を入れた
倉庫の奥へと案内されてコタツ部屋へ誘われた

寒いからストーブに火をつけて、コタツを片付けた

「今は主人は出ているので来月にならないと帰らないの」

「旦那は出稼ぎに行ってるの?」

「うん、今は何も田畑に作れないから、でも来月末には帰る~それまでなら遊べるよ」

この倉庫の三畳部屋でズッコンバッコンの限界に挑むほど燃えた

初めから中出し連続に戸惑いも感じたが彼女のリードで身を任せた

妊娠三ヶ月目だと言う

彼女の胸は以前よりデカ乳房になってた

以前の白肌貝も今では黒光貝に変身していた

「ねえ~どうしてこんなに乳首がデカいの」

「股貝も真っ黒になっちゃって」

すると彼女が呟いた
「初出産の時に苦痛して未熟児が産まれたの、一ヵ月後に死んだ。母乳も出てたんたけど、旦那が面白半分に吹うて。次の妊娠が怖くなって、そしたら彼が、子産めないなら思い切り遊ぼうや、なんて股穴イジメされたのよ。オジサン同様に彼もエッチ好きなんだから、今回の妊娠は順調に行ってるから、腹には衝撃与えないでね」

旦那様が帰宅するまで暫らくこの付近でふらつくことにした
  1. 2012/02/20(月) 08:23:07|
  2. 個人授業

過去ログ

特別授業

特別授業

月別アーカイブ

リンク

特別授業

特別授業

最新の記事

特別授業

特別授業

プロフィール

特別授業

翼エスワン

Author:翼エスワン
優しい個人授業

特別授業

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。