FC2ブログ

純愛奇跡

~ネットで拾ったH画像達~個人的に楽しむ究極ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

彼女を拾った

711fd003.jpg


それは可愛い彼女が歩いて近寄ってきた


声をかけても黙りの口は開かない

通り過ぎて行く時に思い切って声かけをした

「帰りに缶珈琲頼みます」
と小銭を渡そうと手に降れた

ニコっと笑い顔がメチャ可愛い
少し太り気味なスタイルなんだけど、彼女の側に居るだけで「ゾクゾク」としちゃう

小銭は受け取らなかったので残念だとあきらめムードの私に微笑浮かべながら振り返り遠ざかって行った

午後5時に勤務終えた私は、愛車のドアを開いたまま着替えてると、昼頃通った可愛い彼女が戻ってきている

着替え終えた私は彼女に声をかけようとしたら
彼女の方から
「どうぞ」
と缶珈琲を手渡された

「良かったらドライブに行きませんか?行きたい所へ乗せて行くよ」
と誘い文句必死

足を止めた彼女は迷ってたのか?モゾモゾしていた
脈有りと感じた私は助手席に誘導するとニッコリ微笑みながらすんなり乗った

「行きたい所はないですか?」
「・・・?」
何も口を聞かないので
「じゃ適当にドライブするから?」

この辺を良く知らない私は港方面へ走行した

お喋りは一方的な私で、彼女の美しさをベタ誉めする~そして白い肌をした右手に触れた

「ねえ~港の方向へ走ってるけどいいよね~?」
彼女は微笑顔で縦に首を振った

港沿いで売ってるアイスクリームを彼女に買った

微笑顔の彼女に合わせて惚気H話もした

笑いの絶えない彼女は首を縦に振りながら私の話に楽しんでる

そのまま港のラブホテルへ走行

すんなり着いて部屋に入った

テレビはエロ番組のセックスシーンだった

彼女の服を脱がしてしまう
なんの抵抗もなくて、成り行きに微笑顔で素裸になった

ヘソ下は少なめの真っ黒毛生えてて、股に顔を近付けると臭い匂いが鼻を突いた

ベット誘導された彼女は真っ直ぐ足を伸ばして寝ている

寝ると乳房が小さく見える女が多数なのに彼女の胸は豊かだった

私も素裸姿でベットに上がり丸い軟らかな両足を持ち上げ、大きく開かせた腰に枕をすける

両足は彼女の両耳近くまで押し倒してクリ豆を刺激

「あ~うぅ~」と溜め息声を出した

少し触れただけなのに開いた穴から溢れる汁に、慌ててすくい上げた
膨張した肉棒に液汁をタップリ湿らせて挿入

ゆっくり挿入

彼女の腰が少し浮いて
「あ~あ~」
と感高い声に変化した

軟らかな肉体を食いながらピストン運動の繰り返しに合わせる彼女の尻の動き、感高声でピストン運動に合わせ吠え燃え上がった

真っ白い肌に豊かな乳房を掴み
小さめな乳首に食いついた

こんな声高く吠える女との体験は初めてだった

彼女の両手は私に抱きついてたので、そのまま頂点に達して中出しで終えた

彼女はまだ頂点に達していないだろうと気付いた私は、大きく開いた割れ目の穴に2本指挿入しクリ豆は親指攻撃

両足を伸ばしたら早く頂点に達するんだけど、両足を押し倒した状態に左腕で押さえ込み、私のザーメンが溢れ出る膣穴を攻め込んだ

もう右手首、右腕が疲れ果てても攻撃続けた

クリ豆の少し上に少なめの真っ黒毛
クリ豆から下には毛は無くてツルツルした肌でモッコリマンコの素敵さに満足した


彼女を入浴室へ移動する

股間に挟んだティッシュ姿で歩く

鏡の前で立ち止まり彼女の裸の素敵さを誉める

恥ずかしい顔してても可愛い微笑顔は消えない

洗面台に彼女の腰を乗せて大きく開いた両足姿が鏡に映る

両手で自分の両足を固定させて大きく開いた股膣を私の両手指で挿入左右に開く
ゴムの様な膣穴は中身が見えるほど開いた

彼女は目閉じて痛さを我慢してる様子だった
でも
「痛いとか?、裂けるとか?」
言葉は無くて
「う~あ~」
だけで絶えてた

化粧瓶や、クシの手元、穴に合う大きさの物は全て挿入した

さすがに四角い瓶を挿入したら腰が逃げていた


冷たい水を手に流して股間に触れると急激な冷たさに腰が踊っていた

鏡に映った豊かな乳房を掴み揉みを繰り返した

痛いなんて言わないので強めの強引な揉みで狂った


そのまま開いた両足を抱いて入浴室へ移動


座り込んだ私はシャワー口を股間へ挿入した

その時のうめき声は「い~う~ひ~」なんて変な言葉で吠えてる

きっと痛いんだろうと思った私はシャワーを抜いて、開いた両足を抱いて、溜まった湯に浸かる

ず~っと彼女は私のリードに逆らわずに態勢を崩さなかった

彼女の軟らかな肉体を洗い流してやる

彼女も私の汚い肌を洗い流してくれた

私の要求通りに豊かな乳房で背中を擦ってる

彼女の股間に挟まれて洗い流す腕

そして仰向けに寝た私の胸元に乗り首から足先まで股間で洗い流す

トルコ風呂の女の様に、楽しい一時だった

ホテルを後にしてレストランで夕食、家まで送った

少し知能の低い彼女です
でも男に抱かれ成れしてるように思った

男遊びの激しい女のアソコは真っ黒光が主なんですが、彼女は肌色でした

こんな素敵なマンコに巡り会えるなんて運の好い私

H嫌いじゃない彼女と抱き合えそうなので、これからは一人生活から解放されそうです

iti_162i.jpg24v.jpg378.jpg
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2012/03/31(土) 18:19:29|
  2. 個人授業

犯罪になるのか?(1)

暇でブラブラドライブしてると川沿いに座り込んでる娘がいる

「この寒いのにどうしてるの?」
肩に触れるとブルブル震えていた

「震えてるじゃあない、車内は暖かいから身体を温めなきゃ!」

車内へ誘導して暖房を最段限に上げ娘の背中を擦る

すると服がベタ濡れなので脱がして素ッ裸にしてシート椅子を倒して寝かした

h_20120121092428.jpg


服は車内の後ろ面に干して、娘にはは私の着ていたジャンバーを娘の小さな乳房を隠すように被せた

でも下半身は丸見え露出のまま

「身体を摩擦すると暖かくなるからね?」
と娘に話し掛けなから足先から揉んでやる

しかし股間のツルマンに触れたくて、寝転がった娘の両足開いてツルツルマンコにしゃぶりついた

娘は嫌がる素振りは見せずに
「う~あ~」
と初声を出していた

溢れ出るマン汁に合わせて肉棒を挿入した

1322026.jpg


娘は「アッ、痛い?」と叫んだ
「大丈夫だよ~ホラもう痛く無いだろう」

娘は「う~あ~」と吠えていた

娘に着せてたジャンバーも退けてクリクリした小さな乳房を喰えムシャブリついた


頂点に達っするとそのまま娘の体内へ「ドックン」出しで果てた

娘を車内に誘ってから三十分も断たない間に、もう犯してしまった

年齢を聞くと十一歳と返答して驚いた

今年小六年になる年じゃあないか

小学生にしては少し大柄な娘の身体を手探りしながら娘の事情を聞き出した

学校なんて行って無くて問題児であることがわかた

しかも姉と昨夜喧嘩して家を飛び出したと話す

結局、その家に行って姉さんに、ご挨拶することになった

姉さんって言うても十六歳の娘で、正直に妹を犯したことを伝えた

すると姉娘は言った
「親の送金暮らしでいるんてす~私も妹のように抱いてもらえるなら妹のこと許してあげるわ」

そんな訳で姉妹二人は素ッ裸になった
姉マンコには黒色の薄毛の未成年裸に燃えた

1322025.jpg

もちろんコンドームなんて無いので娘の体内にドックン中出しで終えた


姉も中学卒後就職したけど直ぐ辞めた
父親が生活費送信するから、出来れば高校へ行ってくれって

そんな姉妹の事情を聞きながら
午前中に三度も犯してしまった

二人姉妹は処女じゃ無かったのだ

毎日の暇に飽き飽きしてただけに突然の可愛い娘姉妹に出会い楽しい極楽城へ導かれて行った


午後は私の別荘へ娘二人を案内した

まだ初対面して一日も達してないのに、女を別荘に連れてくるなんて初めてのこと

この別荘は元々一人孤独な時間を過ごすために建てた森林の中の小さな2階建

数年前に一山を買い頂上より少し下がった場所に山小屋として建築した家
もちろん電気も冷暖房クーラーも設置していた

山道の入り口には所有者の権限で立ち入り禁止の看板と勝手に入らないように周囲には2メートルほどの釘付き囲いをしている

入り口から一キロほど入った場所にある

当時は会社の社員らを連れてキャンプをしたもんだ

しかしここ数年前から人も入らない淋しい場所になってる

この山小屋を私自身で改造して住めるようにしている

娘たちに
「ここで 暮さないか?」

すると妹娘が
「ゲーム持って来てもイイね?真夜中にヤリ放題、近所も無いから苦情は来ないから」

「次に帰った時に持って来いな」

妹娘の後口を追うように姉娘も話だした

「誰も居ない所へ行きたかったので、ここなら最高に楽しめそう」
「何も着替え持たずに来たので取りにかえろうか?なあ」

私には娘と遊ぶ計画してたので
「次にしなよ~着替えは洗って干しとけばイインだから」
と娘姉妹の服に手をかけて素ッ裸にした
着てる服を洗濯器へ放り込んだ

「ここなら毎日、裸で暮せるから、誰も居ないから安心しなさい~素敵な美肌を私に下さいな?新しい裸生活して見ようよ」

部屋中でスッポン裸で歩き回ってた姉妹に
「陽は暖かいから外へ初体験に行こうよ」

10s.jpg


「えッ、裸よ?」

「そうだから初体験だろう。誰も居ないから安心しなさい、行こう行こう」

娘二人の全裸に虫避けクリームを塗り、手袋と運動靴で山へ登る

登る度に肉棒が膨張して姉妹のマンコへ挿入した

頂上へ着くと姉妹の全裸姿写真撮影燃えた

裸の二人は淫らな格好して平然と楽しんでいた

「陽が沈む前に小屋まで降りるよ。寒くなるとマンコが風邪を引いちゃうからね。」

二人姉妹は笑いこけながら、乳房を揺らし、パックリマンコを見せながら山道を下る

降る途中に細長い綺麗な石を見つけて姉妹のマンコに挿入した

姉マンコに挿入したままの山降りをさせた

姉娘が
「痛くて歩けないよ」

「じゃ次は妹娘マンコで歩こう」

妹娘マンコも挿入歩きに嫌がりだしたので、途中休憩石ピストンでバックから突き続けた~それで興奮膨張した肉棒を挿入


夜中の寝るまでに姉娘に五回挿入

妹娘には七回も挿入した

d2s.jpg
  1. 2012/03/16(金) 05:45:16|
  2. 個人授業

犯罪になるのか?(2)

iti_204i2.jpg


翌朝は私はいつものように朝4時に目覚めた

可愛い姉妹娘たちは暖房の効いた部屋のベットでマンコを見せながら寝ている

食事の用意をしても一行に起きてこないので、姉娘の寝てるマンコ広げてクリトリス刺激にアエ声を出して気持ちよくなったようなので朝一発挿入で燃えた

マンコから滴れる精子にティッシュを挟み込む状態で食卓室へ移動した

「朝食後はエッチ好きなマンコ遊びをするからね?終わったら三人で朝風呂にしましょう。後はふらり愛車でドライブに出かけようよ」

すると姉娘が
「えっ?股が壊れちゃう」

「・・!?」

iti_097i_20120324011615.jpg


まだ寝ている妹娘のマンコに刺激を与え、マン汁に合わせて電動コケシを挿入した

すっかり目覚めた妹娘を抱き起こしてバックから挿入した


姉娘同様に股の割目から滴れる精子をティッシュを挟み込み、朝食室へ


食事しながら私の肉棒に喰わす
そして食事を取らす

二人は不味そうな顔付きでチンコ喰わえては、食事を繰り返した

「どう?美味しいでしょう?~もう二人は大人なんだからチンコ喰わえていいんだよ」

「この間々行けば二人とも出産するかも知れないんだから」


「未成年者は産婦人科へ行けないんで、それまで出産の勉強やりながら挿入して楽しまなきゃ」

勝手なことばかり呟きながら三人一緒に入浴室で騒いだ

iti_180i2.jpg


脱衣室でも上着は薄い服装にして、下はミニスカート、ノーパンツのマンコ丸見え

ドライブ中にも足は広げてマンコを見せながら乳房を掴んだり揉んだりして、楽しんだ

帰りの夕方は二人の家に、着替取りに寄る

「ノーパンツなんだから荷物は軽くていいよ?」

すると妹娘が
「はいどうぞ?」
と尻を吊りだしてバックスタイル格好した

iti_171i2.jpg


「イイじゃん~素敵だよ」
と私は言いながらマンコに手をあてて刺激した

「今日はこのスタイルで行こうか」

妹娘はクリ刺激にアエ声を出した

2本指で突き続けると
「痛い~なんかチクチクする」

「穴が小さいんだよ~広げるから我慢してな?」

妹を全裸にした間々足を広げさして、膣穴を左右に広げた

iti_262ani2.gif


「痛い?裂ける?」
そうして遊んでる間に又しても膨張した肉棒を挿入した


姉娘には電動コケシを挿入する~そしてアヌスへも挿入した

「少し痛いかも知れないが直ぐになれるから我慢するんだよ」

すると姉娘は無言のまま、アヌス攻撃に耐えていた


バック態勢から電動コケシ挿入して姉娘に
「我慢しろ~」
と言い聞かせた


私の言う間々無言で従う姉妹の両足を広げさして(マンコ)に色んなモノを挿入して楽しんだ
アエ声も高々と叫びに代わり、それでも態勢は崩さない

さすがに痛かったのか怖い顔になっていた

私は優しく「初めは小さな穴だから痛いけど直ぐに慣れるから~今は我慢しなさい?その格好で居なさい」

姉もアヌスに電動コケシを挿入した間々なので、妹も見て笑いだした

iti_216ani.gif


又姉娘も妹娘のマンコ挿入を見て爆笑した

挿入されたままの妹も姉も笑いに浮かれて微笑浮かべている

結局、別荘にくるまで挿入したままで笑い転けして楽しんだ

マンコを突き過ぎて気分悪くなったのかゲロする二人に
「今夜のマンコ遊びは終わりにしょう~」
そね後は三人の入浴で賑わい
素ッ裸の二人はTVゲームで遊んだ

まだまだ二人は子供なんだから

私は全裸の二人を見ているだけで楽しかった

iti_206i3.jpg


マンコは素晴らしい生物なんだから
  1. 2012/03/16(金) 05:43:26|
  2. 個人授業

過去ログ

特別授業

特別授業

月別アーカイブ

リンク

特別授業

特別授業

最新の記事

特別授業

特別授業

プロフィール

特別授業

翼エスワン

Author:翼エスワン
優しい個人授業

特別授業

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。