FC2ブログ

純愛奇跡

~ネットで拾ったH画像達~個人的に楽しむ究極ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人妻と・・(1)

011_20150906120205dc2.jpg


この一週間は一通りの無い路上である建設会社の警備をしている
 
現場の監督も週に一度しか来ない
 
殆ど夫婦二人で作業している
 
話好きな奥様で毎日話す惚気話に賑わっている
 
ここ二日は奥様一人での作業です
 
惚気話の中に亭主のシンボル話に笑いました
 
小さくて感じないとか~言ってて、私のシンボルを見たいなんて言うんですよ
 
冗談話かと思って聞き流してたら
「昼飯は、場所代えて食べに行きましょう」
と奥様の愛車で、山奥の広場へ行きました
 
早めの昼休みだったので、まだお腹が空かない
 
奥様が私の手を握り
「エッチで楽しみましょうか」
なんて誘われて、奥様は素裸になった
 
私は奥様の誘い時からシンボルは興奮直立状態のまま、素裸になった
 
すると奥様が私のマラを喰わえ込み、しゃぶり始める~
 
強引なおしゃぶりに私はその間々、奥様の口中へ放出しました
 
私は奥様の乳房を掴み揉みから両足を持ち上げて真っ黒い股穴へ挿入しました
 
「あ~、イイ~イイ!、あ~」
なんてアエ声で吠えてるw2.gif
 
さすがに二度目の放出は長く突いて、互いに腰が崩れるんじゃないか
と思うほどのピストン運動
 
奥様の身体が揺れ動き薄微笑顔している
 
満足しついる様子だ
 
その間々、私のザーメンは中出しで果てました
 
奥様は私のザーメンを身体に塗り口へなめている
 
素裸の奥様は車内から出て滝のように流れる谷水へ向った
 
私も後を追う
 
滝の滴り落ちる冷たい水を頭から被り、私も一緒に冷たさに震えました
 
車内へ戻るとバスタオルを巻き、奥様は寝転がり、私を誘ってる
 
私は奥様の黒光した谷間のビラを指で広げてクリトリスにしゃぶり付いた
 
奥様は自分の両足を押さえ込む体勢で両足を大広げて尻を突き出している020_20150906115533b42.jpg
 
指一本挿入攻撃から二本、そして三本挿入して抜き刺しで突く
 
奥様の尻が踊る~でも痛いなんて言わない
 
ただ「う~わ~う~わ~ああぁ~」
と吠えている
 
両手の親指を挿入して穴を左右に広げる
 
奥様は一段と声高々吠えながら
「あ~あ~あ~」
と尻を左右に動かし叫んでる
 
でも自分の両足はしっかり押さえ固定して離さない
 
そして私のマラの三度目の挿入
 
二度目ほどの長い突きにならず私は果てました
 
再び奥様は谷水を浴びて車内へ
ブラを付け、上に作業服で、下はピンクのハンツに作業ズボン
 
二人で昼ご飯を食べました
 
奥様の昼弁当は労働者の弁当でおかず、白ご飯がいっぱい
 
私はサンドイッチのみの小昼飯
 
食べ終わると奥様の惚気話の始まりに燃える私
 
奥様は「もう上は脱がないから」と言いながら下半身露出です
 
全て奥様の話からの行動で四つんば姿の後方から、色んな小道具を挿入して遊ぶ
 
奥様は用意していたクリームを私に手渡して尻間へ塗り挿入です49.jpg
 
さすがに四度目は中々果てなかった
 
奥様は頭を下げて尻は突き出し体勢の間々、私の突きに合わせるように前後に身体を動かして黙り
 
今、食べたモノが出てきそうな予感に耐えながら突き果てた
 
エッチ好きな奥様もさすがに疲れた様子で、その間々の俯せで寝てる
 
動かない奥様は下半身露出姿
 
私は奥様の尻軟肌に触れ撫でてる
 
警備用の赤白旗の棒を尻穴に挿入
 
奥様は「う~あ~」と小声叫び、尻を突き上げる046.jpg
 
一瞬、私は戸惑いましたが、奥様は何も言わずに私の遊びに従いました
 
奥様から貰ったコンドームで私のマラを包み、アヌスへ挿入
 
「あ~あ~」と痛そうな素振りから痛いとは言わない
 
踊る尻を押さえ込み抜き刺し運動から、コンドームを外して黒ビラ穴へ挿入
 
腕時計を見ると昼時間は過ぎ去り、午後三時になろうとしていた
 
 
仕事は辞めて帰りに奥様の家に行くことになった
 
それは立派な屋敷にお住まいの奥様でした
 
亭主は出張に出ていて、母と女子高校生の二人
 
 
親子二人に誘われて私の帰り道の途中のレストランで夕食する
 
娘が「楽しい母でしょう?家中はいつも笑いが絶えないんです」
なんて小笑っていた
 
親子と別れたのは夕方の七時過ぎ
 
帰り途中に奥様からの受信メール
「明日も宜しくね」との記載
 
 
なんか明日は胸がワクワクする気分で帰宅
 
家に帰ると子供たちは友達家に泊りに行ってて、久々の女房と二人
 
さすがに女房の誘いに戸惑いましたが、なんとか挿入果たして女房もご機嫌な
 


018_20150906120254d50.jpg


8565 (11)

エッチ好きな奥様もさすがに疲れた様子で、その間々の俯せで寝てる

動かない奥様は下半身露出姿

私は奥様の尻軟肌に触れる

勤務用の赤白旗の棒を尻穴に挿入

奥様は「う~あ~」と小声叫び、尻を振りながら突き上げる

一瞬、私は戸惑いましたが、奥様は何も言わずに私の遊びに従って我慢している

奥様から手渡されたコンドームで私のマラを包み、アヌスへ挿入した

「あ~あ~」と痛そうな素振りから、踊る尻を押さえ込む

スロー気味に抜き刺し運動の繰り返し

そして汚いアヌスから出した私のマラのコンドームを外す

突き出した腰の割れ目からパックリ開いた黒ビラ穴に挿入する

軽くピストン運動して車内の時計を見ると昼時間は遠に過ぎて、午後の三時になろうとしていた


奥様の真っ黒な穴掘りを終えると、奥様は仕事は辞めて帰ると言い出した

しかし奥様の誘いで山並みのドライブ体験に行くことになった

初めて通る林道は未知の世界

奥様の惚気話の中から「亭主は出張に出ていて今は一人だから」と言う


奥様は誰かに抱いて欲しかったのです

私は「じゃ、これから先は奥様の○秘に突き込んでやりましょう?」

すると奥様は微笑みながらOKサインを出した

景色のイイ場所の隠れ林道でカーラブを楽しんだ

奥様は
「新婚当時は一日中抱かれたこともあったけど?こんなに縦続けな挿入は初めて~と呟いてた
股間に何か刺さってる感覚を感じるって、耳元で囁いた

私を興奮させるための言葉のように聞こえ

両足を広げてパックリ割れ目を見せている


そね間々の体勢から、帰宅道へ走行戻る

別れ前に最後一発突き込み、奥様は満足した顔で「明日も宜しくね」と言った

ザーメンの着いた股穴をタオルで軽く拭き、私の精子で汚れたピンクパンツは谷間へ放り捨てた

ノーパンのモンペズボンをはいて帰った


私は実家に帰ると微笑みを浮かべながら女房が好機嫌で迎えてくれた

「子供たちは友達家に泊りに行ってて居ないから」

久々の女房と二人切りの一夜

さすがに女房の誘いに戸惑う私でしたが、なんとか挿入も果たして女房も好機嫌な笑顔でした

普段なら女房の嫌がる穴開きを無理矢理するんですが今回はやらないから女房は小声で呟いた

「疲れてるの?」
の一言に
「いいや、お前の不機嫌な態度を見るのが嫌だから?」

すると女房は「我慢するから好きにしてよ」

普段はあんなに怒って不機嫌なのに、嫌がりながら感じていたのかな?

女房の見飽きた太穴に指刺し広げをした

普段より少し強引に指に力を入れて「ギュッ、ギュッ、」と
そのタイミングに合わせて腰が踊り「あ~~う~」と叫び吠えてる

もうゴム輪見たいな膣穴で、どこまで広がるか?

普段の女房の行動とは少し違い楽しんでるように感じた

「痛いヤメテ」とは口に出さないで、ただ「う~あ~」としか言わない

5人も出産した股穴は太過ぎる

腕がズボ~入るもんね

膣穴の中のピンク肌のギサギサまで見えちゃうもん


眠たくなった私は右腕を挿入したまま寝ました


朝目覚めたら妻は入浴室でシャワー浴びをしていて私も入る

すると私のマラを喰え込みしゃぶりに興奮

何年ぶりだろう?朝からマラしゃぶりする妻を見るのは

結局、朝からパス室で一発果てました

大丈夫だろうか?昨日から精子放出が多過ぎる

仕事に行かねばならないのに、行ったら、仕事先の奥様との合体が待ってる

栄養マムシドリンクを飲み、精力作りは必死

結局、亭主が帰るまで毎日2~3回の挿入に暮れてました

殆ど奥様は仕事を休み、私と合体ドライブ帰りはサインだけ貰い勤務でした

亭主が現場へ出かけてる時に奥様からの誘いに

股穴を突き過ぎると気分悪くなるって妻が言うてました

でも奥様は何も言わない平気な素振り

006_20160324062608b46.jpg


男エッチ好きな女って実際に居るんたなあ~私も性欲は強い舫だから助かってます


  1. 2015/09/06(日) 12:03:52|
  2. 個人授業
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

過去ログ

特別授業

特別授業

月別アーカイブ

リンク

特別授業

特別授業

最新の記事

特別授業

特別授業

プロフィール

特別授業

翼エスワン

Author:翼エスワン
優しい個人授業

特別授業

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。