FC2ブログ

純愛奇跡

~ネットで拾ったH画像達~個人的に楽しむ究極ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

気分のイイ日は

気分のイイ日は色んな事に良いことに巡り会える


今から10年経過の事なんですが~今だに助平が続いている


行く宛も無い間々、走行してたら、バスに乗り遅れた娘が居て、偶然通りかかって娘からヒッチタクシーの要求

助手席に乗ったのは良いけど、口を聞かない

こちらから話しかけても振り向かないから自販機前に止まり、珈琲を買った
娘に「どれ」と聞くと指さしジュースを買った

口が変に動いてたので、正面向かって話しかけたら手話で答えた?

手話を知らない私ですが、手招きでだいたいのことは分かった

音が聞こえないらしい
ゆっくり話したら私の口の動きでわかるようでした

「行きたい所へ乗せて行ってあげるから、若い娘の下着を少しでイイから見せて?ね」

恥ずかしそうな素振りから娘は目を閉じた

私の話が通じたのだ~まさかすんなり行くなんて思わなかった

でもチャンスだからソッとミニスカートを捲り上げた
「えっ、ノーパンツ?」

目を閉じた間々動かないから、シートを倒して股割目に手を触れた

娘の身体が「ピクッ」と動いた

真っ黒毛がフサフサでした

娘の目を開けさして「ここじゃ人に見られるから、場所代えてから?ねね」

娘は手話で私に何かを伝えた

全くわからない私はゆっくりした口調で

「下半身裸だから、もう全部脱いでもイイでしょう?ね」

すると娘は苦笑いして両手で顔に合わせた間々


前々から、もしチャンスあればと下見をして置いた茂みに車ごと潜り混んだ

エンジン停止して娘の上半身を脱いで、両足を持ち上げると股間にしゃぶり始めた

「う~わ~」

言葉が喋れ無くてもアエ声は出るんだ?


私はしゃぶりながらズボンを降ろして下半身から膨張したマラを娘の股穴に押し付けて汁をたっぷり浴びてから挿入した

「わ~う~わ~」

感じる声は同じなんだ

ゆっくりピストン運動しながら感じた
「キュッ、キュ」とキツい絞まりに燃えた

左右の巨乳な乳房を両手で強く掴み、太い乳首を喰わえて遊んだ


最後は激しいピストン運動から頂点に達っして娘の腹へザーメン飛ばした

飛ぶ勢いが凄かって顔まで飛んだ


まだ娘は行った様子が無かったから、ドロドロ割目に指を挿入してクリ豆刺激を強めながら、無茶苦茶弄り回した

やっと娘も頂点に達したのか、身体から力が抜けるのを感じる


ザーメンの付いたマラを娘の口に挿入した

「う~わ~ぉぉ」

モグモグした口から私のマラを吐き出して~私を見た?でも私は再び口中へ放り混んだ

すると娘は暫くは私のマラを喰わえた間々モグモグしていた


私は再びクリ豆に指を重ねて刺激~膣穴に空いた指を挿入してカキ混ぜた

娘は私のマラを不思議そうな顔して見てて、その前でマラにコンドーム被せをした

再度両足を持ち上げて娘の股穴に挿入した

身を任せ切りの娘の下半身は踊る

起こして四つんば体制から尻を持ち上げてバックスタイル挿入、ピストン運動の長時間突入となった

果てた私は娘に、何を言いたいの??か聞くと、持っていたぶら下げバックからノートを取りだして書き始めた

「お腹が空いてもうペコペコ」

「じゃ、食べに行こう」

即決まり、上着一枚にスカートで食堂を探した

娘のノートに
「もう少し行ったらマーケットあるから弁当食べましょう」

何かと直ぐにノート書きでの話しでした

娘の欲しい物は全部買いました


「七時までに家に帰ればイイ~」とノートに書いてたので山沿いドライブから弁当食べるイイ場所探した


前に一度行った誰も居ない行き止まりの山道を走った

見張らし最高の頂上で弁当やその他を腹いっぱい食べた


何処かへ出掛けるんじゃないか?と聞くと、ノートには
「ただぶらぶら宛も無し」

私は付き合いを申し出るとニコニコ微笑んで首を縦に振った

頂上で娘を素裸にして全裸姿撮影した

私の肉棒が直立膨張して娘は喰わえ混んだ

その間々口中へザーメン放出

変な顔していた娘だけど私の手招きでザーメンを飲み込んだ


結局、陽が暮れるまで娘の素裸に触れて遊んだ

股間の毛も剃り落としてツルマン

乳房も力を籠めて揉んだので痛がっていた

帰りに胸の膨らみを押さえて自分で揉んでいた
ノートには
+乳が痛い+
と書いていた

歩き方も少し変でした

ノートには
+股に何か入っているような気がする+


私は娘宅へ近づいた時に軽自動車に乗った男が止まり話しかけてきた

「娘を送ってきたんだね~ありがとう」

娘の親父でした
年齢的に似た感じだったので何か言われるんじゃないかと、心の中でハラハラしてた

ニコニコした娘が父にノートを見せた

+付き合いを申しこまれた+

「口が不自由な娘だけど、付き合って下さい」

「家は何処ですか?~独身ですか?今日は帰りますか?、泊まっててもイイですよ」


私は
「今は独身一人身です、名刺を渡して今日は家に帰ります。今から手話の勉強ですので」
色々と話している内に~娘の父親から
「今直ぐに享子を連れて行ってもいいですよ~構わなければ頼みます」

私は娘もノってたので成り行き任せで享子を貰った

年齢は21歳
もし私に娘が居たなら、娘より若い妻を持つことになる

障害はあるけど、このお爺ん年齢では若い女などの廻り合いは無い

第一寄り付かないでしょう~多額の金が必要する

早速、家に連れて来た

息子らは旅たってたので一人住

料理も抜群に美味かった

長女が生まれるまでは毎日全裸姿を楽しみ色んな挿入して享子を狂わせた

パンツを身に着けるのは数日程度

いつもツルマン露出で歩いてた

赤外線を宛ててたら肌色のモッコリ股間が黒光に変身

毛は消えてツルマンになった

確かに膣穴は大きく成り過ぎたが、手を挿入すると私が燃えますからイイでしょう

次女が生まれてから手がズボっと挿入可能に成り、享子の丸い尻が踊ってましたが三女を出産した後は、パカパカ穴です

娘が小学校へ入学する手前までは、ノーパンツで居ました妻も今ではパンツ身に着けてる

やっぱり娘子の前ではノーパンツは出来ないんでしょうか?

只今、娘は10歳でまだ一緒に入浴しますがツルマンモッコリにしゃぶり着きたくなる

いつまで一緒に入浴するんでしょうね


娘の股間はプリンですよ

親父の権限で挿入出来たらイイのになあ~なんて思う時あります

真夏の旅の途中にビジネスホテルで親子全裸で一夜を過す時が何回か有りましたからね

寝ている娘子のマ○コを並べて真夜中に見てたら妻の享子から
「享子で我慢しなさい」
と手話で興奮しました


日本中を旅してましたが今じゃ娘子三人の五人暮らしです

セックスに関しては何一つ言わない全て私に任せ切りで助平親父には最高の若返り妻に感謝してます

女はパンツ身に着けない法律あれば楽しい世の中になるのに~ね?
  1. 2017/01/01(日) 23:53:02|
  2. 個人授業
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

過去ログ

特別授業

特別授業

月別アーカイブ

リンク

特別授業

特別授業

最新の記事

特別授業

特別授業

プロフィール

特別授業

翼エスワン

Author:翼エスワン
優しい個人授業

特別授業

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。